チチガ対策におすすめのデオドラントランキング

ここではチチガの原因から、チチガ対策におすすめのデオドラントランキングの紹介まで書いていきます。

早くデオドラントを知りたい方は、もくじよりランキングへ進んでください。

デオシーク

おっぱいの臭いとその原因

皆さんは「チチガ」という症状を聞いたことがありますか?正直な話、私は聞いたことがありませんでした。
チチガとは、おっぱいからワキガのような嫌な臭いがする症状のことです。
汗は汗腺だけでなくおっぱいの中を通るアポクリン腺からも分泌されるのですが、その汗が皮脂と混ざり、そこに菌が混ざることで臭いが発生します。

この臭いがワキガに似ているのでチチガと呼ばれているのですが、ホルモンとも関連があり、特に女性の場合は妊娠や出産で臭いが増すケースがあるといわれています。
ただし、このような体質の変化だけが原因ではなく、食生活や生活習慣の乱れによっても、臭いが発生しやすくなります。
ここでは、チチガになりやすい人の傾向と対策、チチガに有効なデオドラントクリームについて見ていきたいと思います。

デオシーク

チチガかどうかを確認するには

チチガは誰かに指摘されると恥ずかしいですし、非常にデリケートな問題なので身近な人に相談しにくいですよね。
そこで自分がチチガかもしれない、と思った方は次をチェックしてみてください。

  • ワキガがある
  • 耳垢が湿りやすい
  • 下着が黄ばみやすい
  • 授乳した赤ちゃんの口臭が臭い

いかがでしょうか?思い当たる点があった方は可能性が高いといえます。
個別に見ていきましょう。

ワキガがある

ワキガの症状がある方は、チチガにもなる可能性が大いにあります。
ワキガの方はアポクリン腺が多く、汗と一緒に脂肪やタンパク質を分泌する量が非常に多くなるためニオイが出やすくなるようです。

耳垢が湿りやすい

耳垢とチチガがなぜ関係があるかというと、アポクリン腺は耳にも存在するためで、ワキガやチチガの症状がある方は耳垢が湿っている傾向が多いです。

下着が黄ばみやすい

先のワキガにも関連しますが、チチガはアポクリン腺からの分泌量が多いと起きやすくなるため、ブラジャーなど体に密着している下着だと脂肪やタンパクが付着して黄ばみやすくなります。

授乳した赤ちゃんの口臭が臭い

アポクリン腺は乳輪の周りにもあります。このため、授乳した赤ちゃんに臭いのもとである脂肪などが付着してしまい、結果として口臭を感じる事があります。
授乳後以外でも赤ちゃんの口臭が気になる場合は、別の可能性もあるのでお医者さんに見せてあげてください。

その他

実はチチガは女性の方がなりやすいのです。原因は妊娠や出産をするとホルモンの働きが活発になるため、結果として乳房回りの汗腺も活発化するのです。
活発化した汗腺に脂肪やたんぱく質が混じりやすくなり、臭いがキツくなるようです。
出産後は多忙ですが、いちどセルフチェックしてみてください。

チチガを防止するには

チチガを防止するにはどうすれば良いでしょうか。
方法は次の通り、幾つかありますので紹介していきます。

  • 清潔にする
  • ニオイの強いものを食べない
  • デオドラントクリームを塗る
  • 手術する

清潔にする

一番の鉄則です。特に乳輪部のケアは重要で毎日のお風呂は当然のことながら、乳輪部の汗をコットンなどでこまめに拭くなどしていきましょう。雑菌の繁殖を防ぐためにもその日の汗はその日のうちに流しましょう。冬場は汗をかかないと思われがちですが、寝ている間は誰でも汗をかきますので、朝起きてすぐのケアは重要です。

ニオイの強いものを食べない

食生活も臭いに影響があります。揚げ物や臭いの強いにんにくやニラは多く摂取すると汗や体臭、口臭の原因になります。意外なところでは生の玉ねぎなどもそうです。健康的な食生活を意識して、お肉と野菜をバランスよく食べること、そして飲みすぎには注意して、規則正しい生活を実践しましょう。

デオドラントクリームを塗る

汗の匂い対策としてデオドラントクリームは使用している人が多いのではないでしょうか?チチガの臭いにもデオドラントクリームは有効なのでぜひ使っていきましょう。
しかし、ただ塗ればよいというわけではなく、塗る前に制汗シートやコットンなどで汗を拭き取りましょう。

汗自体に臭いはありませんが、特段臭いが強くない方でも、汗をそのまま放置しておくと菌が繁殖しますので臭くなります。
ニオイのキツい方は外出時にもこまめに塗り直しましょう。

手術する

チチガ対策としては大がかりになりますが、アポクリン腺を除去する手術する方法が挙げられます。
チチガの方はワキガの方と同様にアポクリン腺の量が多いため、その機能を破壊し発汗量を抑える手術です。1番効果的な方法ですが費用もかかるため、手術する前にレーザー脱毛などで体毛を無くし雑菌が繁殖するのを防ぐというのも1つです。

実際に手術することになっても、最近だと女性医師が施術担当をしてくれて20分程度で終わるクリニックもあるようです。ただし人によって病院や先生との相性もあることでしょう。デリケートな相談なので不安な人は十分に下調べをし、まずはカウンセリングや相談窓口を利用してみた方が良いと思います。

チチガ防止のまとめ

ここまででチチガ防止の方法を見てきましたが、生活習慣の改善だけではニオイは改善しにくいのがチチガの難しい所です。
かといって手術となるとお金の問題など、色々と負担もかかるしなかなか踏み切れない方がほとんどではないでしょうか?

そこで気軽に始められる対策としてはデオドラントクリームではないかと思います。
次からはおススメのデオドラントクリームを紹介していきます。

チチガ対策におススメのデオドラントクリーム

デオドラント製品も様々なタイプの商品が出ています。クリームタイプや直塗りのロールオンタイプ、スプレータイプや軟膏タイプまであります。

乳輪部などのデリケートな箇所に塗布しますので低刺激なものが選んだ方がよいでしょう。そういった意味では、スプレータイプは部分的に塗布できないのであまり向いていないかもしれません。

ここではスプレータイプ以外でおススメの商品を3つ紹介していきます。

【おすすめ】デオシーク

デオシーク

デオシークはワキガ対策等で巷で有名な商品ですが、最近リニューアルしたとのことで注目されています。

クリームタイプで低刺激性なため、敏感肌の方でも使えると評判です。リニューアルしたのは殺菌能力のパワーアップで、その効果は24時間経っても持続します。
また殺菌能力に加えてパンシルという柿に含まれる成分が配合されており、その防臭効果は茶カテキン25倍と言われています。この成分が臭いの原因菌を包み込むことで無臭にかえてくれます。

さらに保湿成分まで含まれています。
実はワキガやチチガは乾燥肌でも駄目なのです。理由は肌が乾燥しすぎると、保湿効果を出そうと体が余分に皮脂を分泌してしまい、これがニオイの元になるためです。
デオシークは適度な潤いを肌に与えることで余分な皮脂の分泌も防いでくれるので、乾燥肌や敏感肌の方にも嬉しい商品ですね。

最後にデオシークは、クリームだけでなくサプリメントとボディソープも販売されています。これらを併せて使うことでより高い効果が期待できます。

成分面とコスパ面から見ての一番のおすすめはデオシークですね。

クリアネオ

ワキ臭さよなら

クリアネオはクリームタイプのデオドラント製品で、元々はワキガや足のニオイ対策で知名度の高い商品です。
こちらもサラサラタイプのクリームで殺菌効果や防臭効果はもちろんのこと、着色料や香料といった添加物を使用せず全て天然成分という拘りが支持され、商品のリピート率が高いようです。
品質の保証にも拘りがあり、第三者機関による厳しいパッチテストなどの試験をクリアしています。

クリアネオも制汗や菌の繁殖を抑える効果があるので、いろんな製品よりも一つの商品で試しみたいという方におススメと言えそうです。

デオナチュレ

デオナチュレは安価にワキガ対策ができるデオドラント製品として人気の高いもので、ドラッグストアなどでも気軽に手に入りますね。
こちらは直塗りできるロールオンタイプとクリームタイプ、パウダータイプがラインナップされています。

ネットの口コミには賛否両論ありますが、否定的な意見の多くは成分に関するものでした。
肌が弱い人が使うと肌荒れを起こしてしまうというケースがあったようですが、いくつか紹介させてもらった製品の中でベタつき、白残りなしというのはこの製品だけでした。これは直塗りのロールオンタイプの特徴といえそうです。

価格帯的にも一番手に入りやすい商品ですので、特にデリケートな肌の方でなければ気軽に試してみてはいかがでしょうか。

ちちがデオドラントクリームのQ&A

デオドラントクリームのおススメを3つほどご紹介してきましたが、ここでチチガ対策に関連した疑問にQ&A方式でご案内していきます。

最適な塗り方はあるの?

塗る前にキチンと汗をふくことと、こまめに塗り直すことです。
長時間継続を謳っている制汗剤であっても様々汗をかいたり衣服とのこすれがあると、必ず効果を持続するというのは難しいです。

また、塗り過ぎにも注意しましょう。チチガに悩んでいる方は特に臭いが気になると思いますが、クリームはつけすぎても別の異臭に感じてしまうこともありします。そのため、使用法に記載されている分量を守って、こまめに塗り直す方が効果的な塗り方だと思います。

効果はどれくらい持続するの?

メーカーによっては24時間防臭効果ありなど書いてありますが、先程の質問で触れたように、たくさん汗をかけば24時間持続しないケースもあると思います。
自分のニオイがキツいと感じておられる方は、外出していると2?3時間くらいで塗り直されている方もいるようです。

一方で汗をしっかりと出して汗腺を詰まらせないようにすることも、チチガ対策に一定の効果があると思います。特に冬場などは運動でしっかり汗をかいて、こまめにデオドラントクリームを塗り直す方が結果的に効果的に持続させるコツと言えます。

授乳中に使っても大丈夫なの?

個人的にはお勧めしません。メーカーによっては授乳中に使用しても良いとしているところもありますが、赤ちゃんの口に入ることがどうしても気になりますよね。大人より赤ちゃんの方がデリケートです。何か起こってからでは遅いので出来る限り使わない方が良いでしょう。それでも授乳中にどうしても臭いが気になってしまう方は、洗浄綿などの清潔なコットンでケアしてから授乳しましょう。

敏感肌でも肌荒れしない?

結論からいうと、人によっては肌荒れするケースはあると思います。
チチガで悩まれている方の中には乾燥肌や敏感肌の方もいらっしゃることでしょう。そこで各メーカーでは低刺激性のデオドラントクリームを提供しようとしています。商品の品質検査にアレルギーテストを実施しているところもあるようです。

メーカーも努力はしていますが、全ての方が肌荒れしないとは言い切れませんので、使ってみて肌荒れが生じたら速やか中断し、皮膚科などを受診ましょう。

本当にニオイは無くなるの?

ニオイの元がある限り完全に無くなることはありませんが、デオドラントクリームの使用後や手術後の効果は確実にあります。
ひと昔前まではワキガやチチガのニオイ対策はないと思われてきました。今では汗腺の機能を停止させる手術が僅か20分程で出来てしまう時代です。なので心配して何もしないよりは出来る所から試してみてはいかがでしょうか。

もちろんニオイを全くなくすというのは難しいと思います。しかし、医療もデオドラント製品も日々進化しているので限りなくにおわなくなる可能性はあります。

それでも手術に踏み切るのが怖いという方は、まずワキの永久脱毛をしてみてはいかがでしょうか。腋毛に付着する雑菌の繁殖を抑えられるので、Tシャツに黄ばみがなくなりニオイも少なくなったという体験談を聞いたことがあります。
チチガの手術とは違いますが、良く行われている腋毛の永久脱毛で効果が実感できれば、肝心なチチガの手術を受ける気持ちの準備が出てるかもしれません。

ワキガ対策のクリームがチチガにも効くの?

そこはご安心ください。ワキガとチチガは原因が同じである限り、ワキガ対策のデオドラント製品はチチガにも効果があります。また、どちらか一方だけにな人より両方のニオイが出る方のほうが多いといわれています。

ただし先ほども触れたように乳輪部に塗るものなので、肌が弱い方や妊娠・出産後の方は事前にお医者さんに相談するのがベストです。

下着の黄ばみを落とす方法

チチガに悩まれている方が、ニオイ以外で悩まれるのが大切な下着が黄ばんでしまうことです。これはワキガと同じく汗とともに分泌された脂肪やタンパク質が付着したものです。

この黄ばみを落とす方法として、1番おススメなのは、ウタマロ石鹸で洗浄する事です。こちらは固形の石鹸ですが本当によく落ちます。経血で汚れてしまった下着などを洗うのに使われる方も多いようです。使い方としてはぬるま湯に下着を浸してから石鹸で直接こすり、汚れを落とします。

ウタマロ石鹸が手に入りにくいなどの方のために、次におススメするのが重曹での洗浄です。重曹は皮脂や汗などの汚れに強いので、下着をつけおきしておいて通常通りに洗濯をして使うのが良いとされます。つけおきする時は先に重曹をぬるま湯で溶かし、その後に下着を20?30分ほどつけておきましょう。

最後におススメするのは粉末状の酸素系漂白剤です。ただし漂白剤は繊維が傷みやすいのでこちらを使うのは汚れがひどい時にしましょう。使い方は重曹と同じで、まずぬるま湯に漂白剤を溶かしてから下着を20?30分つけおきします。その後は通常通りの洗い方で洗って大丈夫です。
なお洗濯機で洗う際には下着を必ずネットにいれてください。メーカーは基本的に手洗いを推奨しているので、少しでも型崩れをするのが嫌な方は手洗いをおすすめします。

洗剤も漂白剤も共通しておススメしたいのは固形、または粉末状のものを選んでください。液体洗剤は便利ですが、下着などに強く付着した汚れは、より洗浄力の高い洗剤で洗うことをおススメします。

とは言っても、毎回つけおき洗いや手洗いも時間かかるし面倒ですよね。もし、上のように洗っても落ちなくなったようであれば、思い切って下着を買い替えるようにした方が経済的で効率も良いです。

まとめ

ここまで読んで悩んでいただいた方は、常に自分のニオイに悩んでおられる方が多いのではないでしょうか。ご紹介した対策は気軽に出来るものですので、今の悩みにとどまらず一度試してみよう!という気持ちで始めてみてください。

それでも一歩が踏み出せない方は、まずクリニックに相談してみてはいかがでしょうか?正直、チチガといっても自分では気づきにくいものですし、気付くのは大切な彼氏や旦那様の可能性が高く、指摘されると傷つくものです。友人だと、デリケートなことは指摘しづらいものですし、自分からも聞きにくいですよね。

敢えて第三者であるクリニックで確認することで、ご自身の状態も冷静に受け止められることが多いです。いちど挑戦してみてください。

チチガ対策におすすめのデオドラントランキング